【ハーブガーデンシャンプー/解析】成分/シャンプーチェックと評価

天使の輪が見える髪

ハーブガーデンシャンプーの効果3つのポイント

ハーブガーデンシャンプーの解析/育毛に役立つ成分と効果

切れ毛、枝毛、くせ毛、抜け毛が増えた、ボリュームが減って薄毛になったなど髪の悩み解消のためにシャンプーを替えることは良くあることです。

髪の問題の原因はシャンプーだけではなく色々あるのですが、どんな場合にもシャンプーや洗い方を変えることが必要な場合が多いです。

ハーブガーデンシャンプーが育毛に効果があるのは、天然成分100%からできているシャンプーなので髪にも頭皮にも優しく、化学薬品のようなシャンプーの暴力的な洗髪では無いからです。

7種のオーガニックハーブで程よい洗浄力のアミノ酸がブレンドされて肌や頭皮に安全で優しい。しっとりと保湿力のある洗いあがりになります。

ボタニカルケア:パサつき、枝毛、切れ毛、薄毛からハリコシのある美髪になる成分

  1. モンゴルオイルには、保湿作用や皮膚の再生作用、活性酸素や紫外線から頭皮を守る抗酸化作用など様々な機能があり毛髪を保護してくれます。
  2. 頭皮の保水:バオバブ種子油、シロキクラゲ多糖体、ソープナッツエキスに保湿保水効果があります。特にシロキクラゲは楊貴妃が使っていたといわれるもので、ヒアルロン酸を超える保水力と肌の抗酸化作用(細胞の破壊を防ぐ働き)が、肌の老化を防いでくれるものです。
  3. 泡立ち洗浄成分(ソープナッツエキス。泡立ち成分のサポニンが含まれてます。)ソープナッツエキスが頭皮や毛髪の汚れと余分な皮脂を落とす天然の界面活性剤で、育毛にとっては重要です。
  4. エイジングケア:10種類の植物エキス
  5. 育毛に必要なミネラルを運ぶ:フルボ酸は人にとって重要なミネラルなどの微量元素を体内で循環させ、20種類以上のアミノ酸と18種類のミネラルの吸収を高める効果があり、頭皮の細胞や髪の成長を促進させる代謝を促進する成分なのです。

 

シャンプー選びのポイントを教えてください。
ハーブガーデンシャンプーは安くはありません。お店にはその他に安価で髪の汚れが良く落ちるシャンプーはたくさんあるのですが実は問題があるのです。その問題が何かを知ることが大切です。

切れ毛、枝毛、薄毛などの髪の問題を解消するシャンプーの条件は、

    1. 刺激が弱く皮脂を洗い流し過ぎない洗浄成分
    2. 髪と頭皮に栄養を与えるもの

天然成分100%のハーブガーデンシャンプーは2つの条件にピッタリ合うシャンプーです。

波状毛はうねりがある髪でくせ毛の中では一番対策しやすいくせ毛です。捻転毛は乾燥毛なので薬剤の影響も大きくなかなか効果が現れにくいレベルの髪です。

波状毛と捻転毛の内、うねりのある波状毛程度であれば、ハーブガーデンシャンプーのもつ保湿効果で治せます。

剛毛は遺伝的なもので、髪が痛んでいるわけではないので対策が難しく、ハーブガーデンシャンプーのできることは、剛毛を傷つけて乾燥させたりしないようにすることくらいです。過剰な効果は期待しないことです。

白髪を黒髪に変える成分も入っていないので効果は期待できませんが、髪と頭皮の環境を改善することで、黒髪に必要な成分である「ヨード」「チロシン」が血液から吸収されやすくなります。

その分チロシン、ヨード、銅をそれぞれ含む食品を毎日の食事に取り入れることが重要になります。

食事内容としては、乳製品や果物、魚、豆、海藻を意識して食べるようにしましょう。

 

ハーブガーデンシャンプーが天然成分100%なのはどんなメリットがあるの?

 

普通のシャンプーの一番の問題点は、化学合成された洗浄成分です。天然の成分では無いので刺激が強く、汚れや皮脂を根こそぎ洗い落すほど洗浄力がある、この2点が問題です。

デリケートな髪や頭皮を化学薬品のようなシャンプーで洗うと、髪も頭皮も傷んで来ます。殆どはそれが主な原因で今の悩みがあるんですよ。
天然成分100%のハーブガーデンシャンプーは、それらの問題点が一切ないのですから、大きなメリットと言えます。

石油から作られたシャンプーの高級アルコール系界面活性剤成分と合成防腐剤成分

具体的には石油から作った汚れ落とし(界面活性剤)や合成防腐剤、合成香料が頭皮や髪に大きな負担をかけます。私たちが日常よく使うシャンプーに入っているものです。

シャンプーの洗浄成分には3種類ありますが、ハーブガーデンシャンプーはアミノ酸系界面活性剤で、石油系シャンプーは高給アルコール系界面活性剤です。

アミノ酸系界面活性剤 皮脂を落とし過ぎず適度な保湿力を保てる。。体の成分でもあるので刺激も少ない。
高級アルコール系界面活性剤 一番普及しているシャンプーです。石油から作られています。強い洗浄力で髪や頭皮の皮脂を全て洗い流すことで乾燥の問題が起こりやすい。頭皮への刺激も強く炎症を引き起こすこともあります。
石鹸系界面活性剤 一般的には愛好者も多い石鹸系ですが、髪に悩みを抱えている人には洗浄力が強すぎることがあります。

問題となる石油から作られる高級アルコール系界面活性剤

  • ラウレス硫酸ナトリウム(Na)
  • ラウレス-2硫酸アンモニウム
  • ラウレス硫酸TEA

合成防腐剤

  • パラペン
  • フェノキシエタノール

合成防腐剤としてパラペンが知られています。パラペンフリーと表示されてるのは誤魔化しである場合があります。パラペンフリーのシャンプーであっても次の理由から安心はできません。

パラペンフリーと表記しながら、フェノキシエタノールという化学合成の防腐剤を使うことが多いからです。

パラペンもフェノキシエタノールも合成防腐剤という点では同じです。それを見抜くにはシャンプーの成分表を必ずチェックすること。

シャンプーの容器には、写真のような成分表があるので必ずチェックしてください。成分表の成分は量の多い順に並んでいます。

写真にあるラうレス硫酸Naは、水の次に量がたくさん入っています。洗浄力が強すぎて髪にも頭皮にも良くはありません。

石油系界面活性剤が皮脂を全て洗い流し髪頭皮に問題を起こす

石油系シャンプーなどの洗浄力の強いことが何故問題なの?
髪や頭皮の潤いを保つのに必要な皮脂を根こそぎ洗い流すため、髪を保護できなくなり、頭皮も乾燥してふけや湿疹が出来やすくなるからです。

ハーブガーデンシャンプーの天然の洗浄成分と防腐成分

天然成分100%のハーブガーデンシャンプーは、一部に天然成分を使っているシャンプーとは違って文字通り全てが天然成分です。

じゃあ、ハーブガーデンシャンプーの洗浄成分は何ですか?
下はハーブガーデンシャンプーの全成分ですが、赤字の4つがハーブガーデンシャンプーの全て天然成分の洗浄成分です。量の多い順に並んでいるので、天然成分の洗浄成分はたっぷりと入っています。

問題の石油から作られた高級アルコール系の成分は全く入っていない事も、この成分表からわかります。

注意してほしい事の一つとして、アミノ酸系シャンプーとして売っているシャンプーにはアミノ酸系の洗浄成分がわずかしか入っておらず、洗浄成分の殆どが高給アルコール系の場合があります。成分表を良くチェックして注意して購入しましょう。

【内容量 300ml / 約2カ月分】

水(オーガニックハーブティー)、ラウロイルメチルアラニンNaココイルグルタミン酸Naココアンホプロピオン酸Na、グリセリン、コカミドプロピルベタインココイル加水分解ダイズタンパクK、サピンヅストリホリアスツ果実エキス、ヤシ油、アルガニアスピノサ核油、フムスエキス(フルボ酸含有)、シンジオフィトンラウタネニ核油、バオバブ種子油、ユチャ油、ラフィノース、アロエベラ葉エキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、クエン酸、加水分解シルク、ポリクオタニウム‐10、センブリエキス、ユズ果実エキス、シロキクラゲ多糖体、ヒアルロン酸Na、サンショウ果実エキス、グレープフルーツ果実エキス、スイカズラ花エキス、プルサチラコレアナエキス、銀、アルニカ花エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ニンニク根エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリー葉エキス、ローマカミツレ花エキス、ソメイヨシノ葉エキス、香料(アロマ精油ブレンド)

*赤字の5種類がハーブガーデンシャンプーの天然の洗浄成分です。

 

ハーブガーデンシャンプーの5つの洗浄成分を抜き出してみます。

  • ラウロイルメチルアラニンNa
  • ココイルグルタミン酸Na
  • ココアンホプロピオン酸Na(両性界面活性剤)
  • コカミドプロピルベタイン(洗浄力の弱い界面活性剤]安全、刺激性は無い。
  • ココイル加水分解ダイズタンパクK(適度な洗浄力と低刺激性、保湿作用のあるアニオン界面活性剤
それぞれの洗浄成分の特徴は何ですか?

ココイルグルタミン酸Naなど「グルタミン酸系」は髪の指通りが良くなる。ラウロイルメチルアラニンNaなど「アラニン系」は泡立ちが良く使いやすいといった特徴があります。

ココアンホプロピオン酸Na(両性界面活性剤)の両性界面活性剤とは、洗浄効果と殺菌効果の両方の作用によって強い洗浄力を持つ成分、ハーブガーデンシャンプーの一部の成分として配合されています。

ハーブガーデンシャンプーの洗浄成分は、程よい洗浄力のアミノ酸系で、天然の成分なので体に馴染みやすい刺激の少ないシャンプーです。

高温多湿の浴室で天然成分だけでは腐らないの?

開封後6ケ月以内に使う条件がついていますが、本当に天然成分だけで防腐できます。4種類の自然成分で防腐しています。

 

天然の防腐成分

  • サンショウ果実エキス
  • グレープフルーツ果実エキス
  • スイカズラ花エキス
  • プルサチラコレアナエキス

 

ハーブガーデンシャンプーは頭皮のかゆみと臭い解消が期待できる

 

【ハーブガーデンシャンプー/解析】臭い・フケ・かゆみは頭皮環境の改善が必要

シャンプーとは「頭皮を洗うこと」、という言葉があるように、育毛は頭皮の清潔と保湿と栄養が鍵を握ります。

髪の悩みは、単に髪の毛の問題ではなく、頭皮環境の問題という認識を持つことは重要です。

ハーブガーデンシャンプーは頭皮の汚れと過剰な皮脂を洗い流しますが、適度に皮脂も残すから頭皮や髪の保湿性が保てている、これが大事なことなんです。

頭皮の血流改善によって頭皮と毛髪へ栄養が補給されます。

つまり、ハーブガーデンシャンプーとは頭皮環境を整え、髪に栄養や保湿成分を補給する天然成分100%のボタニカルシャンプーなのです。

ハーブから煮出したハーブティーには頭皮の健康に必要なミネラルがたっぷり含まれていて、見寝るは頭皮や毛髪の新陳代謝を促進する働きがあります。

 

加齢臭と言われる頭皮の臭いは皮脂が酸化された臭いなので適度に洗い流しますが、酸化されていない皮脂は残さないと頭皮が乾燥してしまいます。洗浄力が強すぎる石油系のシャンプーを使わない理由です。

石油で作られた化学合成シャンプーは、頭皮や髪の皮脂をねこそぎ洗い流し乾燥させ、フケ・かゆみといった問題を起こすのです。

それだけでなく、皮脂を過剰に洗い流すと、却って頭皮を保護しようと皮脂の過剰分泌が起こり頭皮湿疹を起こしてしまいます。

フケは古い頭皮の皮膚が剥がれ落ちたもので、通常は生まれてから剥がれるまで28日サイクルです。

ホルモン・栄養バランスの乱れで28日よりも短くなることで、フケが増加します。

毛穴から分泌する皮脂と大量のフケが毛穴を塞ぐと、毛穴が塞がって太い毛は育たずやせ衰え、ハリの無い柔らかく細く短い毛になってしまいます。

洗いすぎてもダメ、洗わなさ過ぎてもダメ。

そのため程よい洗浄力のアミノ酸シャンプーを使う必要があるのです。

化学成分で傷んだ髪や頭皮に天然成分100%のハーブガーデンシャンプーを使うのは、頭皮環境を整えてフケ・かゆみを抑える7種類のオーガニックハーブが使われている点にもあります。

 

ローリエ フケ防止・頭皮を整える
よもぎ かゆみ防止
ミント 髪の清潔を保つ
ローズマリー 髪をサラサラにする
すぎな 保湿作用
カモミール リフレッシュ効果
バジル 髪を清潔に保つ

 

 

ハーブガーデンシャンプーは頭皮のかゆみと臭い解消が期待できる

 

【ハーブガーデンシャンプー/解析】/アミノ酸洗浄成分の程よい洗浄力

アミノ酸シャンプーは、程よい洗浄力、マイルドな泡立ち、洗いあがりがしっとりとした保湿力など全て優れています。

アミノ酸シャンプーが頭皮や毛髪への刺激が少なくて使い心地が優しい理由は、アミノ酸が体のタンパク質そのものを作る成分だからです。

体を作る成分を使って洗うのですから、生きてる人間の使うシャンプーとしては最も馴染みが良く刺激も少ないわけです。

 

ハーブガーデンシャンプーは、アミノ酸シャンプーと同時に全ての成分が天然成分なので、頭皮が荒れたり、乾燥してフケやかゆみ、敏感肌やアトピーの人にまで使えるシャンプーです。

 

【ハーブガーデンシャンプー/解析】パーマで傷んだ髪/ダメージ毛に効果がある

 

パーマ液は劇薬。パーマ液を使うと、頭皮と髪で有害物質の化学反応が起きています。パーマやカラーの薬剤は、毛髪の中に残留して、望んでいる綺麗な髪とは裏腹にダメージ毛にしていきます。

パーマ、カラーリングの薬剤のダメージが大きい髪は、うねりがあったり、カール、ウェーブ状の髪、スタイリングの難しいくせ毛、これらは全て乾燥しているという共通点があります。

さらに整髪料を使っていたり、空気中のチリやホコリ、排気ガスの酸化物などが髪につき、ダメージ毛はますますひどくなります。

この状態で紫外線に当たれば、キューティクルや髪たんぱく質が壊れてしまい、毛髪が損傷されます。

ダメージがまだ少ない毛は、見た目の艶はあっても、毛先が少しザラついてひっかかる程度です。

ところが、2段階目のダメージ毛になれば、艶は減り見た目でパサついているのがすぐわかる状態になります。

更にダメージがひどくなると、指通しがザラつくようになり、毛先が絡むようになります。

やがて、指通りが悪く、水で濡らすと水分をすぐに吸い込んでしまう髪になるのです。

最後には、空洞化した髪の毛が指通しだけで切れるほど脆くなり、最悪の髪の状態の出来上がりです。

パーマ・カラーは髪内部のタンパク質を壊していきますが、ちり、ほこり、整髪料、排気ガスなど沢山のものが髪にダメージを引き起こすことを知っておいてください。

パーマ・カラーをしたら綺麗に長持ちさせるのに必要なケア

  • すぐにトリートメントを塗りこむ
  • 安物のカラーリンク薬剤はダメージが大きい。
  • パーマの上にカラーをするなどの2重の加工をしない。
  • 紫外線対策 帽子や日傘を使う
  • シャワーは低温の35℃くらい
  • 洗い流さないトリートメントして髪を保護してからドライヤーをかけて仕上げは冷風で行う。
  • コテやアイロンはかなり高温なので避ける
  • 自然乾燥はキューティクルが開いて水分が逃げて乾燥する。
  • 適度なブラッシングと頭皮マッサージ

髪の毛の内部や外部がパーマ・カラーの残留液や空気の汚れ、香料・乳化剤や美容成分、植物オイル、合成油脂で満たされても、表面からはダメージがわかりにくいので厄介です。

髪が油脂分の皮膜でおおわれていると傷みが進行していても枝毛が出ないので、やはりダメージがわかりません。

そして髪内部で髪タンパク質が壊されて空洞化すると弾力が失われて、やがてある日突然髪がたくさんの切れ毛になるのです。

毛穴が油脂分で覆いつくされると、成長不良の髪ばかりになり抜け毛が増えてきます。

ハーブガーデンシャンプーは天然のダメージ補修成分と植物エキスで保湿と栄養をダメージ毛に与えてくれます。

ハーブガーデンシャンプー 男/皮脂の多いメンズにも使える

ハーブガーデンシャンプーは、男性も使えるシャンプーです。

男性の場合、頭皮の皮脂腺が女性より多く、酸化した皮脂や汗、汚れで加齢臭がひどくなるので、程よい洗浄力のアミノ酸シャンプーで適度に皮脂や汚れを洗い流し適度に皮脂を残すシャンプーが合います。

加齢臭は、脂肪酸と酸化された脂質(過剰に発生した活性酸素で酸化された脂質)が結びついて生じる「ノネナール」が原因です。

ハーブガーデンシャンプーの成分である次の植物のエキスは頭皮の臭い対策に有効です。

ローリエ、よもぎ、ミント、ローズマリー、すぎな、カモミール、バジル

 

加齢臭の予防には、シャンプーだけでなく、過剰な活性酸素が生じない「抗酸化作用のある食べ物」特にビタミンℂやビタミンEを沢山食べることも重要なことです。

 

【ハーブガーデンシャンプー/解析】頭皮の炎症/頭皮の皮脂と汚れをどの程度洗うか?

頭皮は皮脂の分泌が多い部位なので、脂漏性皮膚炎が起こりやすい。皮膚や髪の毛を保護する皮脂ですが、多すぎると吹き出物(ニキビなど)ができたり皮脂が酸化されて加齢臭を発生します。

過剰な皮脂をそのままにすると、毛根にまで作用して成長期の髪を早くに休止期にして髪の寿命が短く早く抜け落ちます。大量の抜け毛の原因の一つです。

頭皮の皮脂を全て洗い流すと乾燥が起こり、髪がパサパサ、艶が無い、枝毛、切れ毛、薄毛などの問題が起こるので、頭皮の皮脂は適度に残すことが必要です。

ハーブガーデンシャンプーは、程よい洗浄力のアミノ酸シャンプーなので、皮脂を全て洗い流すことなく、汚れと酸化された皮脂を洗い流してくれるので、脂漏性皮膚炎にもピッタリのシャンプーです。

 

 

優しい洗浄力のアミノ酸シャンプー

未分類
guardenをフォローする
【ハーブガーデン シャンプー/口コミ】おすすめ/ハーブガーデンシャンプーを評価/さくらの森
タイトルとURLをコピーしました